転職の成功の鍵とは

皆さんはそれぞれ様々な事情があって転職を決意したと思いますが、自分で決断したのであれば、新しい仕事を見つけるために精一杯がんばりたいですよね!

新しい仕事を見つけるためには、応募した企業で面接を受けなければいけませんよね。

そこで聞かれるのが、「転職の理由」や「離職の理由」。

これを聞かれると「どうしよう…どう答えれば悪い印象を与えずに済むんだろう…?」なんて考えてしまう人もいるのでは?

これの答え方ひとつで、運命が決まります。

転職の成功の鍵を握っていると言ってもいいでしょう。


転職の際の面接のコツをはこれ!

本番で困らないように、事前に転職理由や前の会社を辞めることにした理由などを整理しておいてください。

まずお約束として、「ネガティブな表現は避けること」、これを守りましょう。

「お給料が低かったので」、「イジメやパワハラ・セクハラがあったので」、「上司と反りが合わなかったので」、「前の仕事が自分に合っていなかったので」などは、とてもネガティブな表現ですから、面接官にはあまりいい印象は与えません。

必ずポジティブな表現に言い直す、もしくは、ネガティブな理由や事情には触れない、これがポイントです。

お給料が低かったことが離職の原因なら、「もっと自分を評価してくれる企業で働きたいから」、「キャリアアップのために」などの表現を用いるといいでしょう。

転職前に働いていた企業に対する批判や愚痴は絶対に言わないこと。

なので、イジメやパワハラ、上司の悪口などは言い変える必要もなく、禁句です。

前の仕事が自分に合っていなかったことが転職を考えた理由なら、「前の仕事をしたからこそ、新たにやりたい仕事が見つかった」など、これもポジティブな表現に変えるようにしてください。


前向きさをアピールすることが大切

とにかく前向きな伝え方をすれば、人事担当者も悪い印象は抱きません。

むしろ、「熱意を持って働いてくれそうだ」と、良いイメージを持ってくれるでしょう。

また、嫌なことや伏せておきたい事情は正直に言わなくても大丈夫。

そこを掘り下げてくるような企業だったら、「応募する企業の選択に失敗した」と思ってしまえばOK。

「これまでのあなた」にこだわる企業よりも、「これからのあなた」を見てくれるような企業に転職してください。

そういう意味では面接というのは、企業に選ばれるためのものでもありますけど、転職者が企業を選ぶためのものであると言ってもいいのかもしれませんね。

そんな意識を持って活動すれば、転職には失敗しないはず。何事に対しても前向きにポジティブに行動していきましょう!