あなたは転職先企業や求人を選ぶ時はどこを意識する?

転職先企業を選ぶ時や求人をチェックする時、どこに意識や目を向けていますか?

多くの人は、仕事内容やお給料に関すること、勤務地や応募資格などに特に目を向けて、求人を選別しているのではないでしょうか。

まったく悪いことではありません。むしろ大事なことですよね。

仕事内容やお給料をチェックせずに転職先を決めるなんてことはあってはいけませんから。

勤務地や応募資格なども同様です。

でも、もう少し視野を広げて、その他の大事な部分にも目を向けるようにしてみてください。


転職先企業や求人をチェックする際に気にするべきことは

女性の方に特に気にしてもらいたいのは、その企業の残業に関する記載や有給休暇、その他休みに関する項目です。

もちろん、全部の企業が求人にこれらを記載しているわけではありません。

でも、チェックせずに応募してしまうのはとても危険です。

残業に関して言えば、まずはそれがあるのかないのかをチェックしましょう。

もし残業があるのであれば、その時のお給料はどうなるのか、どのくらいの時間働く必要があるのか、毎日あるのか、それとも週末や繁忙期に限られるのかなどをチェックしておきたいところです。

これによって、全体の勤務時間が決まってきますよね。

人間は働きすぎると思考が鈍ってきます。

限界に達すると考え方がマイナス思考になりますし、それによって体調を崩すこともあります。

せっかく転職したのに、もし働きすぎてそんな状態になってしまったら大変。

それでいて、もしその余計に働いた分のお給料がもらえないとしたら…?考えただけでゾッとします。


有給休暇や福利厚生もチェックをしよう

有給休暇に関しては法律によって取得できるようになっています。

ある一定の条件(勤務日数や時間など)をクリアできれば、正社員に限らずアルバイトやパートで働く非正規社員であっても取得できるのです。

だから問題はないと思いますけど、福利厚生の欄にそれについて触れられているかも、一応チェックしておいてください。

もし記載がなければ面接時などに、その企業に勤める社員の有給休暇の取得率について質問してみるのもいいかもしれません。

抵抗があるかもしれませんけど、全ては転職に失敗しないため。

まともな企業なら、そんな質問をされても嫌な顔一つせずに当たり前のように答えてくれますよ。


お休みの確認も忘れずに

社員全員が土日休みであれば問題ないと思いますけど、そうではなく、ローテーションなどによって休日が決まる企業の場合には、それも事前に確認しておきたいですね。

女性であれば、結婚していたり子供がいる人もいるでしょう。

休日が事前に分かっていなかったりコロコロ変わるなどすると、家庭や子育てに関しても、転職後にちょっと困ったことが起こってくるかもしれません。

このあたりを丁寧にチェックして応募する、もしくは、転職先を決めるようにしてください。